sansan

Sansan
名刺管理

社内の名刺を一括管理できる、
クラウド名刺管理「Sansan」の
サービスについて
ご紹介します。

名刺管理サービス
シェア82%

クラウド名刺管理サービスのスタンダードとして
業種・業態問わず、さまざまな企業様にご導入いただき
中小企業様から数万人規模の大手企業様まで幅広くご利用いただいております。

  • 導入企業 0 7,000
    社以上

大手金融機関から官公庁まで、
幅広くご導入いただいております

Sansanの価格をチェック

社内の名刺を一括管理
必要なのは
「名刺をスキャンする」
ことだけ

Sansanの仕組みと使用方法は
いたってシンプルです。
必要なのは、「名刺をスキャンする」
たったそれだけです。
スキャンされた名刺情報は、
オペレーターによる手入力や
AI技術の活用により、
ほぼ100%の精度でデータ化されます。

Sansanの特長

  • 01

    人脈を簡単に社内で共有

    Sansanは引き出しの中にたまった名刺をスキャンするだけで、
    簡単にデータ化し、社外の人脈を社内で共有することができるクラウド名刺管理サービスです。
    名刺情報を人脈のデータベースとして一元管理することで、営業強化から全社における生産性の向上までさまざまなシーンで活用が可能となります。

  • 02

    名刺の人物に紐づけて、
    商談をシンプルに管理

    スキャンされた名刺データに紐づけて、商談内容を記録できます。
    商談内容が社内で共有できるため、担当顧客の引き継ぎもスムーズに行え、営業機会の損失を防ぎ、次なる営業戦略につながります。

  • 03

    自身に関連する
    共通人脈の更新情報や
    人事異動情報が届く

    Sansanでは名刺情報をもとに、営業活動に役立つさまざまな情報を関連する人へ配信することができます。
    社内のメンバーが自分の知っている人や企業と名刺交換したときや、日経テレコン・ダイヤモンド社・Eightの情報に更新があったとき、あなたの元へお知らせが届きます。

  • 04

    オフィスでも社外でも
    あらゆる
    シチュエーションで活用

    Sansanの利用シーンはさまざまです。
    オフィスで名刺情報を検索し、社外の人脈を調べたり、営業時の外出先で訪問前にスマートフォンから人物情報を確認できます。

  • 05

    個人情報である名刺を
    セキュアに管理

    個人情報保護が厳しい昨今、紙の名刺は紛失や持ち出しのリスクが生じます。Sansanでは、名刺をクラウド上で一括管理することにより、高度なセキュリティ水準で情報漏洩のリスクを最小限に抑え、安全な情報活用が可能です。

名刺データ化の流れ

01

名刺をスキャン

スキャナとスマートフォンのどちらでスキャンしてもデータ化精度は同じですか?

同じです。
どちらでスキャンしても「AI×人」によるデータ入力を行うため、ほぼ100%のデータ化精度でご利用いただけます。
Sansanスキャナをご利用いただくと名刺を効率よく瞬時に取り込めるため、利用者の負担が少なく、導入後の運用がスムーズになります。

※Sansanスキャナは100枚5分という速さで名刺をスキャンし、名刺に手書きした「名刺交換日」を読み取り、設定することも可能です。

02

AI×人のデータ入力

人の手によるデータ入力は必要ですか?

必要です。
名刺には決まったフォーマットがなく、ソフトウェアで認識できない文字が使われることもあります。Sansanではシステムの読み取り精度を上げるため、AIによる機械学習の研究開発を行っておりますが、現時点において、100%に近い精度でデータ化するためには人の手によるデータ入力が必要となります。

入力オペレータのセキュリティ対策はこちら >

03

データベース化

取り込むだけで同一人物の判断が行われるのですか?

Sansanでは名刺のデータ化完了後、「自動名寄せ」機能により人物単位で情報が自動的にまとまります。名寄せ候補の中からご自身で同一人物を設定する「手動名寄せ」も可能です。

04

マルチデバイスで活用

スマホアプリはiOSでもAndroidでも利用できますか?

どちらでも利用できます。
推奨稼働環境はiOS 9.0 以降かつiPhone 5 以降、もしくはAndroid4.2.0以降となります。

Sansanを
導入することにより
名刺が企業の成長を
後押しする資産へと変わります。

Sansanで
実現できること

導入企業事例

  • 法人領域での新規契約数・
    取引商談数が、前年比30%増を
    実現しました。

    株式会社クレディセゾン

    • 30万枚を超える名刺の管理に活用
    • 名刺情報が会社の網羅的なデータベースとして全社の法人営業に役立っている
    • 個人の人脈を会社の社脈として活かした営業活動が行えるようになった
  • 名刺管理はインフラ。
    お客様との関係を深めるベースとなるのが
    Sansanです。

    株式会社イトーキ

    • お客様一人ひとりとの関係性強化
    • 人脈が可視化され、今までとは違ったルートから接点を持てるようになった
    • 顧客情報が更新し続けられるため、フレッシュな情報が活用可能に

導入事例を見る

運用定着まで
安心のサポート体制

ご導入から運用が社内で定着するまで、
弊社の運用コンサルタントが
サポートいたします。

お問い合わせへ