Sansan

あらゆる業務で活用見込み顧客を増やしたい

Sansanを活用することで、
業務がどのように変わるか
ご紹介します。

見込み顧客を増やすSansan活用法をご紹介

活⽤例資料をダウンロード

見込み顧客を増やす
4STEP

対面での接点が難しい場合、新規顧客との商談が減少してしまう企業も多いかと思います。
そういった状況下において、売上を向上させるためには、
今まで蓄積してきた企業の資産をどのように活用するかがポイントとなります。  

社内に眠っている見込み顧客を最大限に活用し、ビジネスチャンスを創出しましょう。

  • STEP1
    情報の集約
    社内に散在している見込み
    顧客情報を集約

    データベース化し、一元管理。
    眠っていた見込み顧客を見える化します。

  • STEP2
    データベースの増幅
    全社の人脈を全社で共有

    既存のリードに加えて、新規のリードも集約/蓄積。
    見込み顧客を最大化。

  • STEP3
    情報のアップデート
    古くなっている顧客情報をアップデート

    社名変更や合併、移転、異動、転職など、
    企業や個人の変化に合わせて、顧客情報を最新に。

  • STEP4
    データベースの活用
    部門横断で活用できるデータベースに

    蓄積した顧客情報を活用し、
    営業・マーケティング活動を加速。

社内に眠っている
⾒込み顧客を掘り起こし、
新たなビジネスチャンスを創出

ニューノーマル時代の売上向上につながる
「見込み顧客のデータベース化」

資料で詳しく見る