Sansan

データ統合から
マーケティングを
加速する データを整理・統合し、
最適なデータに進化させる
「Sansan Data Hub」

Sansanが名刺管理を提供する中で蓄積された、技術とノウハウにより、
社内のあらゆるデータを正規化・統合・リッチ化することが可能です。
名寄せとデータクレンジングを自動で行うので、高品質な顧客マスタを構築することが可能です。

Sansan Data Hubを活用し、
マーケティングに
最適なデータへ進化させる

SansanのAI技術を結集した独自のテクノロジーにより、
最も正確で最新の顧客情報である「名刺」を軸に、社内のデータを正規化・統合。
いま利用されている、SalesforceやMarketoなどのCRM・SFA、MAツールにおいて
データの二重登録を防ぎ、名寄せ・クレンジングの工数を削減します。
また、外部情報ソースと連携し、会社情報にさらなる情報を付与してリッチ化。
付加価値の高い、マーケティングに最適なデータへと進化させます。

Sansan Data Hubが
解決する組織課題

課題 01
業務効率の改善
顧客データを自動クレンジング
入力工数を大幅削減
SFA/CRM内の取引先情報が重複している、最新化されていない、
入力項目にばらつきがあるなど、データ品質に課題を持つ企業は少なくありません。
しかし、質の⾼い顧客データを蓄積するには、運⽤担当者へ負担を強いることになります。
Before
After
名刺をスキャンするだけで、
自動で顧客データをクレンジング・名寄せ
現場に負担をかけることなく、
顧客データ基盤を構築

Sansan Data Hub ×
Salesforce連携

Sansan Data HubとSalesforceを連携することで、顧客データの入力負荷・データ品質に関する課題を解決。
データドリブンなマーケティング活動を可能にします。
課題 02
ABMの実現
正確で最新な顧客データを蓄積
ABMによる営業成果を最大化
データベースの運用において、新たなリード情報が増えていく一方で、
社名や氏名等の表記ゆれや、会社統合による社名変更が発生することがあります。
これにより、誤った情報の登録、同一人物の二重登録が発生し、ABMを実践することが難しくなります。
Before
データの品質が悪く、
ABMができない
After
データ品質が高く、ABMを実現
付加価値の高い情報を付与することで、
受注確度の高い企業をターゲティングし、
ABMによる効率的な営業を実現
課題 03
ビジネスの創出
社内に眠っているデータを活用し
新たなビジネスチャンスを創出
ビジネス環境の激しい変化に対応していくため、組織内に眠るデータを見直す企業が増えています。
あらゆるデータをビジネスに活用し、新たなサービスやビジネスの仕組みを生み出す、デジタルトランスフォーメーション推進の波は、
今後、拡がっていくと予想されます。これに対応するためにも、アナログな情報をデジタル化し、
これまで社内に蓄積された、あらゆるデータを連携・活用できる環境を構築することが求められます。
Before
所属部署のデータのみ活用
情報が少なく、顧客ニーズを
正確に把握することが難しい
After
眠っていた社内の
あらゆるデータを活用
顧客のニーズを敏感に察知
マーケティングに活用
様々な社内のシステムと連携し、
データ活用を推進
マーケティング活動を加速させ、
ビジネスの創出を後押し
もっと詳しくSansan Data Hubを知りたい方に
「3分でわかる
Sansan Data Hub」
もっと詳しくSalesforce連携について知りたい方に
「Salesforceとの連携」

活用事例

  • Sansan Data Hubで顧客データ
    をリッチ化
    継続的な関係を紡ぐ
    活動の基盤を構築

    IT・情報通信

    ウィングアーク1st株式会社

  • デジタルマーケティングに
    Sansanを活用
    データ品質を高めて
    案件創出額が2.3倍に

    IT・情報通信

    NECソリューションイノベータ株式会社

事例をまとめて知りたい方におすすめ
「Sansan Data Hub
導入企業による活用事例集」
※ Salesforce は salesforce.com, inc. の商標であり、
許可のもとで使用しています。