営業のパフォーマンスを
最大化する

Sansan × Salesforce連携
ほぼ100%の名刺データ化精度を誇るSansan。
名刺のデータ化から得られる「正確な顧客データ」を
Salesforceに連携することで、営業効率が手間なく飛躍的に向上します。

営業パフォーマンスが最大化する理由

Salesforceの運用定着化には、
正確な顧客データが手間なく登録・更新されることが重要です。
入力精度が高く、名寄せテクノロジーに優れたSansanとSalesforce を
連携させることで、営業パフォーマンスの最大化が可能になります。

Sansan × Salesforce の相乗効果Salesforce連携で
できること

SansanとSalesforceを連携することによる活用メリットについてご紹介いたします。

ほぼ100%の精度の「正確な名刺データ」がSalesforceへ自動同期

AIなどのテクノロジーとオペレーターによる多重入力を活用し、
高い入力精度を実現。
データ入力の負荷を最小限に留めつつ、
Salesforce上のデータの利活用を促進します。
Sansanの名刺情報が同期された顧客データ

転送された名刺情報を使って「取引先」「取引先責任者」
「リード」を簡単に作れる

Sansanの名刺データが全てコンテンツから
リードの取引先責任者へのコンバートや、取引先責任者と取引先の
関連付けが簡単・正確になります。
簡単に関連づけされ、情報も正確

営業戦略に活用できる様々な会社・人物データの取得

帝国データバンクが提供する会社概要が見られるなど、
会社の基本情報を獲得できるばかりでなく、組織ツリーを活用し、全社の接点、キーマンなど
人物情報を活用した戦略的アプローチを実現できます。
帝国データバンク提供の会社概要

人事異動ニュースを活用しSalesforceを
「鮮度の高い顧客マスタへ」

顧客データは、鮮度が維持されなければ価値が半減します。
Sansanでは、日経Who’s who、ダイヤモンド社、Eight など複数の情報ソースから人事異動情報をタイムリーにキャッチし配信します。
名刺データだからこそ実現できる、
「会社」だけではない「人物」単位の顧客マスタとして最新化を実現します。

正確な人物情報の連携により顧客基盤をさらに強固に

データ連携

Sansanの
シンプルな使い方

スキャンされた名刺情報は、
名刺オブジェクトへ自動登録。
「リード」「取引先」「取引先責任者」へ
柔軟な関連付けが可能に。

Sansan × Salesforce 連携事例

現場が喜ぶ膨大な事務負担の軽減と、
短期間で顧客データベースが2倍に進化
社名メルク株式会社
事業内容液晶、顔料、ライフサイエンス関連製品を中心に事業を展開
設立1968年2月15日
Sansan は Salesforce Appexchange
公式パートナーです
営業のパフォーマンスを最大化する
Sansan × Salesforce 連携についての資料はこちら
TEL 0800-100-9933